読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は眩すぎる

広汎性発達障害(いわゆるアスペルガー)疑いの一社会人が、自分の自閉症的な部分について書いてみます。できるだけ淡々と、「自分の認知の仕方」と「どうしてそう感じているのかについての推測」を書き出してみるのが趣旨です。

Guide

a.はじめに

カテゴリ分けガイドです。そのまんまですが一応。

 

a.はじめに

・注意書きや自己紹介です。

 

b.感覚過敏について

・自分の場合、主に聴覚・視覚に過敏症状があるように思うので、どのように聞こえるか・見えるか等について記述します。

 

c.感覚鈍麻について

・自分の場合、表情や痛みについて認知が鈍いように思うので、どのように感覚しているか等について記述します。

 

d.障害者福祉の仕事をしていた時の話/制度の話

・何年も前のことになってしまいましたが、知的障害に関わる仕事をしていたことがあるので、その頃思ったことなどについて書きます。

 

e.心の理論について

・個人的には、自閉症スペクトラムの症状として「認知能力の問題」と「他者の心の理論=人の気持ちにシンクロすることができない問題」があると思っているのですが、人の気持ちを理解する必要のある事例等について自分の場合どう感じているか書きます。

※一般的な考え方からみると不愉快な思考記述があるかもしれません。「ふつうはどう思うものなのか」をコメントしていただけると助かります。

 

f.こう対応してもらえるとありがたいです

・自分の推測と経験則でしかありませんが。