読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は眩すぎる

広汎性発達障害(いわゆるアスペルガー)疑いの一社会人が、自分の自閉症的な部分について書いてみます。できるだけ淡々と、「自分の認知の仕方」と「どうしてそう感じているのかについての推測」を書き出してみるのが趣旨です。

はじめに

・このブログは、「自分の認知の仕方」と「どうしてそう感じているのかについての内側からの推測」をひたすら書き出してみるのが趣旨です。念のため申し添えますが、同情してほしい!とかこんなに大変な私を理解すべき!とかアピールする気はまったくないです。
・他の人がどういうふうに感じているのかわからないので、「自分はこう認知してるよ」ってことを書いています。過敏な感覚や認知の癖は人によって違うと思いますので、あくまでも自分の場合は、という留保は必要だと思います。(もしも普通とちがうのならば、普通はどう感じているのかについて教えてほしいです)
・自分の認知の仕方が自閉症傾向によるものかどうかは不明ですし、他の人がどんな風に感覚しているのかは実感できないので自分の表現が「正常」か「異常」かはわからないのですが、一例としてどこかで何かの参考になればと思っています。